確定申告にはコレ!今おすすめのクラウド会計ソフトを一挙紹介!

パソコン

晴れて夢のフリーランスが実現すると、現実的にこなしていかなければならないことも様々でてきます。

その中でも、会計処理や確定申告に向けて、どんな準備をしていますか?

何から手をつけてよいかわからない人や、今までの、帳簿管理をもっとスピーディにかつコンパクトに行いたいと考えている人には、いま話題のクラウド会計に注目していただきたいです。

話題になるほどの人気には実は秘密がありますので、会計処理を劇的に変えることができるクラウド会計の魅力を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

いま人気のクラウド会計ってなに?

いま人気でインターネット上でもよく見かけるクラウド会計っていったいどのようなものなのでしょうか?

そもそも会計処理は、現金出納帳などの作成後、総勘定元帳を作成して会計や決算へと取り組んでいたものが、会計ソフトの導入によってパソコンでのデータ入力で決算書の作成などが簡単に行うことができるようになりました。

さらに、一歩前進してきたのが『クラウド会計』です。インターネットのサーバーを使ってできる会計処理なので、特定のパソコンにソフトをインストールしたりする必要がありません。

ネットに接続できる状態であれば、「いつでも・どこでも・どのデバイスからでも」扱うことができるのがクラウド会計の最大のメリットです。

パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも、場所を問わずにできてしまうわけですね。まさに、時間と場所を選ばないで会計処理ができるクラウド会計は、フリーランスには絶対におすすめなのです。

会計ソフトを購入すると、ライセンスは元より、更新のためのサポート料など、クラウド会計と単純に料金比較すると高めの場合もあるため、なるべく経費を抑えて会計処理を行いたいフリーランスには、実に人気があります。

クラウド会計のメリットとデメリットをチェック!

チェック

クラウド会計の概要が分かったところで、主なメリットとデメリットも把握しておきましょう。

クラウド会計のメリット

クラウド会計サービスの魅力は、クラウドサービス自体のメリットだけではありません。

会計サービスとして、まずは無料期間があるため試しに使用してみることができ、簿記の知識をと考える心配もなく取り組みやすい面があります。

その他にも、クラウド会計のメリットをいくつか挙げてみると、

  • 銀行やクレジットカードのデータを自動取り込み
  • 勘定科目の自動振り分け機能で入力がスムーズ
  • 一般的な会計ソフトより低価格
  • クラウドサーバーでバックアップも心配なし
  • ソフトのアップデートが不要

などなど多くあります。

以上のようなメリットからクラウド会計を導入する人も多く、仮に税理士へ依頼するにしても、導入する料金の低価格から安心できるのです。

クラウド会計のデメリットも知っておこう!

クラウド会計を知るには、メリットばかりではなく、どのようなデメリットがあるかも理解しておくことで、取り入れるときも注意することができます。

クラウド会計のデメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • サポートのメール対応はあるが電話応対はない
  • 税務申告との連携は限定される
  • 減価償却や在庫管理などは限定的なので、別途対応は必要
  • メールアドレスとパスワードでのログインでセキュリティの心配
  • クラウド会計対応の税理士はまだ少ない現状


以上、クラウド会計にも確かに気になる点はあるのですが、不明な点を税理士へ確認をとることも可能ですし、何よりもクラウド会計は概ね低価格かつお試し無料期間を設けていることが多いので、フリーランスの人は試しに取り組んでみてはいかがでしょうか。

会計処理は日々行うものなので、まずは無料お試しで自分に合っているかどうか試してみてから、有料プランを検討されることをおすすめします。

クラウド会計の人気サービスを二つご紹介!

MFクラウド

MFクラウド

全自動会計アプリでも最も有名な会計ソフト『MFクラウド会計』に注目していきましょう。

取引入力と仕訳の自動化で作業時間を大幅削減できることがコンセプトです。これがMFクラウド会計の魅力で、個人や法人にもおすすめできるポイントです。

簿記の知識がなくても使用できるか不安のある人にも、勘定科目を自動提案してくれる機能が付いているので、その提案の中から選べる安心感があります。

また、銀行口座やクレジットカードとの連携も可能で、明細を自動取得でき、手入力の手間が省くことができるのです。

やはり会計という気になる仕訳についても、仕訳の学習機能がついているので、仕訳内容の記憶より自動提案してくれる強い味方でもあります。

さらに、MFクラウド経費βという経費精算システムと連動するとレシートの撮影をするだけで、入力する手間もないというシステムもあり、アプリとの連動も可能になってきています。

■料金について

MFクラウド

MFクラウド会計はクラウド会計の中でも最安の料金プランなので最もおすすめです。

法人・個人事業主とそれぞれに向けたプランを用意しており、個人事業主なら月800円という安さから使うことができます。

30日間の無料お試し期間も設けているので、クラウド会計初心者はまずMFクラウドを無料で使ってみるのがおすすめですね。

freee(フリー)

freee

freee

誰でも使える・手入力もなくなる・業務がつながるがコンセプトのfreeeは、誰でも始めやすいメリットもあり、人気のひとつになっています。

領収書の写真撮影からデータを取り込むことも可能で、決算書や青色申告書作成はもちろんのこと、気になる売掛金や買掛金のレポートも出せる、安心のfreeeです。

勘定科目の自動提案もあり、簿記の知識がないけれどという人も始めやすくなっています。


■料金について

お試しの無料期間は1カ月で、有料プランは個人事業主プラン月額980円、法人プラン1,980円です。

freeeは給与対応のfreeeも別途あるため、年末調整なども、さらに取り入れてみることで、経理面もかなり充実します。
詳しくは公式サイトで:freee

定番の弥生会計もまだまだ人気

https://www.yayoi-kk.co.jp

クラウド会計の取り組み安さから、人気が低迷しているかと思うと、そうでもないのが確定申告の定番『弥生会計』です。

会計ソフトとしてフリーランスや法人を問わず人気があるのは、安定感があるからです。

弥生会計は、会計ソフトを販売するスタイルと、インターネット回線を利用しているものとあります。

会計ソフトは、毎年バージョンが更新されていくため、加入形態にもよりますが、毎年、更新料なりソフト代を支払うようになります。

クラウド会計と異なり、バックアップは自分で行わなければならないので、データ損失には充分注意が必要です。


一方で、クラウド会計と異なり電話のサポートもあるため、直接会話を行いながら安心サポートもとても魅力的です。

弥生会計には、個人対応のやよいの青色申告や、個人や法人OKの弥生会計のスタンダードやプロフェッショナルなど、様々な形態があります。

弥生会計のスタンダードでは、部門管理ができないけれど、多くの部門を抱えるフリーランスや法人にはプロフェッショナルで対応も可能です。

決算書の作成はもちろん、個人の確定申告書対応や減価償却にも対応しているものも多くあります。

ただし、あくまでも、ソフトですので、ネット回線でどこでも見られるという状態ではないです。

また、やよいの青色申告オンラインややよいの白色申告オンラインと、インターネットを利用する会計もあり、フリーランスは必見です。

プランも1年目はかなりお得に利用できるメリットもありますので、ひとつ候補に加えてもよいでしょう。

詳しくは公式サイトで:やよいの白色申告オンライン

まとめ

今回はクラウド会計についてお伝えしてきましたが、クラウド会計のメリットやデメリットを理解することを心がけてください。

また、会計ソフトにも同じようにメリットやデメリットがあります。どちらを選択するかは、どの会計でもお試しプラン(無料)があるようですので、無料の範囲内でまずは試してみることも大切です。

クラウド会計で自動で銀行データを取り込んだり、領収書も写真撮影でOKとはいっても、その数字の確認や内容の確認はもちろん必要です。

決算においては、はじめてで不安な人は、一年の決算書などを有資格者などへ確認を取るという選択肢も加えてもよいかもしれません。

なぜならば、会計処理は確定申告にはもちろん必要ですが、過ちのないように行うことも節税につながるからです。

これからもクラウド会計は、フリーランスの使用しやすい内容へ進化もしていくと予想されますが、大切なのはクラウド会計への入力漏れやデータの送信漏れや過ちをなくすこと!

これができるのは、フリーランスであるあなただけということも意識しながら、ご自分に合ったクラウド会計をぜひ探してみてくださいね。

【参考】一番おすすめはMFクラウド

MFクラウド

公式サイト:MFクラウド会計

毎年の面倒くさすぎる確定申告を革命的にラクにするために、フリーランスや個人事業主はクラウド会計の導入を早めにしておきましょう。

初めてのクラウド会計におすすめなのは、知名度・安さともにNO1の「MFクラウド会計」です。
もし未だに経費を手入力で打っているようなら、たぶん涙が出るほどのラクさに感動しますよ。

30日間は無料お試し期間で使えるので、まずはMFクラウドの感動に触れてみてください。

スポンサーリンク
パソコン