【せどり】Amazonの店舗評価率の平均値は?低評価は削除できる?

100%

Amazonのマーケットプレイスで商品を売っている全ての店舗にとって、無視できない重要な指標に【店舗評価率】があります。

一応説明すると、要するに購入者からのお店に対する評価・レビューですね。

この店舗評価率という数値は、販売実績にダイレクトに影響してきます

当然ですが、購入者は少しでも評価の良い(信頼できる)店舗から商品を購入したいと思うからですね。

今回は、そんな店舗評価率についてまとめてみたいと思います。

評価率を上げる方法や、思わぬ低評価がついてしまった時の対処法まで、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

評価の仕組みについて

資格

Amazonマーケットプレイスで商品を購入した購入者は、注文後90日以内に店舗に対して評価を残すことができます。

ここでは「商品の発送に問題はなかったか?」「商品のコンディションは説明通りだったか?」などが評価のポイントとなります。

評価は☆の数で5段階評価され、「☆(星1つ)」から「☆☆☆☆☆(星5つ)」までとなります。この星に加えて、購入者から「良かったです」や「説明と違い、商品にキズがありました」など様々なコメントがついてきます。

「店舗評価率」は、☆4以上の評価の割合

購入者に対して示される店舗の評価率は、前述した5段階の☆をもとに、以下の3段階に区分して算出されます。

  • 高い評価: 5つ星から4つ星 
  • 普通の評価: 3 つ星 
  • 低い評価: 2つ星から1つ星

以上をもとに、「年間の全評価の中で、高い評価(☆4つ以上)の割合は何%か?」というのが店舗評価率となります。

仮に年間の全評価数が100個で、そのうち90個が☆4か☆5なら、店舗評価率は【90%の高い評価】として提示されます。

【98%の高い評価】と提示されている店舗は、購入者の評価のうち98%が☆4以上ですよ、ということです。

 

店舗評価率の平均はどのくらい?

全ての店舗の評価率を調べることは不可能ですが、大小関係なくランダムに30店舗を選んで評価率を調べてみたところ、

店舗評価率の平均値は、およそ91%〜94%前後となりました。

このことから、店舗評価率が90%以下は【評価低すぎ】であり、95%以上は【優秀】であることが言えそうです。

 

店舗評価率を上げる方法

誠実に商売することが第一

まず、大前提として良い評価をもらうには誠実に商売することが大切です。

商品にキズがあるのに「綺麗です!」と説明文を書いたり、「迅速発送!」と謳っておきながら配送が遅かったりと、マイナスポイントがあれば当たり前ですが低評価がつきます。

逆に、普通に商品を販売していれば、購入者は基本的に☆4以上をつけてくれる傾向があります。

言って見ればAmazonの評価方法は「減点法」です。マイナスがつかないように注意することが重要になります。

 

全体の評価数を増やす工夫

何百商品、何千商品を売っていけば、どんなに誠実に商売をしていても、低評価は少なからずついてしまうのが普通です。年間数百も売っていれば、100%の高い評価というのは基本的にありません。

思わぬ低評価を受けた時の対処法は、全体の評価数(高い評価)を増やして、低評価のダメージを相対的に薄めることです。

一般的に、評価を残してくれる購入者は100人中3人程度とされています。つまり評価記入率3%ですね。

この記入評価率を上げるために有効な手段が、【アフターメール】です。

アフターメールとは、購入者に対して販売後に送るお礼のメールです。

  • 商品は無事に到着しましたでしょうか?
  • 商品に問題などはございませんでしたか?
  • (最後にさりげなく)よろしければ、評価をして頂けると幸いです。

といったような内容のフォローメールを送っておくと、評価を残してくれる購入者がグッと増えます。これによって記入評価率は5%、上手くすれば10%程度まで引き上げることが可能になります。

スポンサーリンク

低評価がついた時の対応

長く商売をしていれば、確率的に低評価の1つや2つは必ずつくようになります。

では、低評価が付いてしまった時はどのような対応をするのが望ましいでしょうか?

 

販売者が評価を削除することはできない

販売者側が購入者の評価を削除することはできません。

しかし、”一定のケース”に限り、Amazonへ「評価の削除申請」をすることは出来ます。

削除可能となる一定のケースとは、およそ以下の3パターンです。

  1. Amazon側に過失(低評価の原因)がある場合
  2. 販売取引に関係のない評価の場合
  3. 購入者の同意がある場合

それぞれのケースを詳しく解説します。

1. Amazon側に過失がある場合

これは、主にFBAを利用している人によくあるケースです。

※FBAは、商品の管理から発送までをAmazonに委託できるサービスです

クレーム(低評価)の内容が、「配達日が予定と違った」「梱包が汚い」といった管理・発送に関するものの場合、それは販売委託をしているAmazonFBA側に責任があります(もちろん、個々のケースによりますが)。

Amazonの過失で低評価がついた場合には、Amazonのテクニカルサポートに相談してみましょう。

「これは当方の落ち度ではなく、FBAの過失が原因だと思うので、低評価を削除して頂けませんか?」

といった旨の相談をすれば、たいていの場合は評価を削除してくれます。ちなみに削除された低評価には【この責任はAmazonにあります】といったコメントがつけられます。

判断が難しいのは、「商品に破損があった」「CDのケースが割れていた」と言ったタイプの低評価です。

これは、納品前からもともと商品が割れていたのか、FBAが商品を保管あるいは梱包する際に割ってしまったのかで、責任が販売者側にあるかAmazon側にあるかが分かれます。

このケースも、もし自分に過失はない言い切れるのなら一応相談してみる価値はあります。納品前の商品の写真など「証拠」がある場合はそれも添付しておくと説得力は増します。

とはいえ、この場合の判断はあくまで相談に対応したサポート担当者に委ねられるので、「Amazon側が割ったという証拠はないので削除できません」と無慈悲に言われてしまう可能性も大いにあります。

 

2. 販売取引に関係のない評価の場合

これは例えば、

DVD購入者「やっぱり続編って最悪! 脚本もありきたりで☆1つもつけたくない! 買って損した!」

といった、販売取引に関係のない評価のケースです。

購入者の中には、商品自体のレビューを間違えて店舗の評価に残してしまう人がけっこういます。

この場合も当然販売者に落ち度はないので、Amazonの規定で削除してOKということになっています。テクニカルサポートに削除申請を出せば削除してくれます。

 

3. 購入者の同意を得ている場合

販売者に落ち度がある場合、基本的についてしまった低評価は削除できず、受け入れるしかありません。まずは反省し、二度と同じクレームがつかないように改善するのが第一歩です。

その上で、どうしても低評価を削除したい場合、購入者に評価の削除をお願いするという方法もあります。購入者の同意があれば評価を削除することが可能です。

この場合、まずは購入者に真摯に謝罪のメッセージを送り(☆2以下の低評価が付いた場合、Amazon上で購入者に連絡をとることが可能です)、返金などの対応をして誠意を示した上で、「よろしければ、低評価を削除して頂けますと非常に幸いです」と下から下からお願いしてみましょう。

もし優しい購入者だったら、あなたの真摯な対応を受けて評価を削除してくれるかもしれません。(しかし、実際は面倒臭いので相手してくれない人がほとんどです)

また、このケースで1つ注意点ですが、金銭などの受け渡しによって相手に評価削除を依頼することは、Amazonの規定で固く禁止されています。そこまでする人は稀かもしれませんが、一応知っておきましょう。

繰り返しますが、自分の落ち度でついてしまった低評価は、基本的に受け入れるしかありません。受け入れて反省し、二度と同じミスをしないよう努めることが最善です。

 

まとめ

ネットショッピングでは、リアル店舗以上に『信用』というものが重要です。

Amazonせどりにおいて、店舗評価率は売上に大きく影響してきます。

現状で店舗評価率が95%に満たない人は改善が必要です。今回紹介したことを参考に、評価率95%以上の優良店舗となるべく精進していきましょう。

 

【PR】せどり初心者はまず導入しておきたいおすすめツールの紹介

せどり初心者の方々に、導入をオススメしているせどりツールを紹介しています。

せどりツール選びに迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

総合せどりツール『プライスター』

スクリーンショット 2016-01-26 18.51.25

プライスター

総合せどりツール『プライスター』は、商品の自動価格改定やカンタン出品登録、利益率や売上管理から税務サポートまで、仕入れ以外のせどり業務を全てサポートしてくれる、せどり業界では知らない人のいない大人気ツールです。

  • 商品の価格改定が面倒ではありませんか?
  • 商品の出品作業に時間をかけていませんか?
  • 自分の利益率や利益額を把握していますか?

以上のような問題点を抱えている人は、プライスターを導入すれば全てを解決できます。

  • ⇒価格改定は30分程度の間隔で全自動で行ってくれます
  • ⇒複数個の商品をまとめて一気に出品登録できます
  • ⇒商品ごと、月ごとの利益額や利益率を自動集計してくれます

プライスターの性能について詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

参考:評判高すぎ!人気せどりツール『プライスター』の魅力を徹底解説します!

プライススターの価格改定機能については、以下の記事が役に立ちます。

参考:【せどり】徹底比較!プライスターVS価格雷神、人気価格改定ツールの軍配は!?

30日間の無料お試し体験を受付中

プライスターは初年度月額5800円(2年目以降は4800円)ですが、30日間の無料お試し体験を受け付けています。

1ヶ月間は無料で使うことができるので、使ってみて気に入らない場合は更新しなければお金はかかりません。

まずは試しに無料で1ヶ月使ってみて、その抜群のツール機能を堪能してみて下さい!

 

 

スポンサーリンク
100%